スポーツジムに通っていて特にランニングのメニューを知らない
方でも簡単に実践できるのがLSDです。LSDは、Long Slow Distanceの
略で、ゆっくりしたペースで長い時間走ることです。
走る距離よりも走る時間に主眼を置いたトレーニングです。

陸上競技の長距離選手がLSDを行う場合、体の器を大きくする狙いが
あると言われています。分りやすい例えを紹介しましょう。今の
あなたの器は、普通の御茶碗だとします。御茶碗によそえる御飯の
量には限界があります。しかし、LSDを行うことでこの御茶碗が
丼飯用の器になるのです。つまり、より多くの御飯をよそえるように
なります。御飯をたくさんよそえるというのは、より多くのトレー
ニングをこなせることの例えです。

市民ランナーの場合、1回あたりの時間は90分〜120分くらいです。
スポーツジムのランニングマシーンを使う場合、景色が変わらないので
飽きてしまうという人もいるでしょう。そのような人は、テレビを
見るなり、音楽を聴くなりしながら走ってもいいと思います。
体を引き締めるには、ペースランニングの方がはるかに効果的ですが、
毎回ペースランニングをやるのは大変でしょう。気分が乗らない時は、
LSDを行ってもいいと思います。