長距離走トレーニングの3分類については、この記事に書きましたが、
わたしはこの3つの中で、2のスピード持久力が一番大切
だと考えて、これを強化するメニューが練習の中心でした。


何故、スピード持久力が重要なのでしょうか?
たとえば、5000mを15分で走りたいという目標を立てるとします。

これを実現するためには、1000mを3分で刻む必要があります。では、
設定タイム3分で1000mのインターバル(つなぎは200mのJog)を5本
やれば15分で走ることができるでしょうか?恐らく、このインターバルを
何とかこなせる人のタイムは、よくて15分20秒〜30秒くらいでしょう。

要は、インターバルトレーニングだけでは、1000mを3分というペースを
持続させる力はつかない
のです。

"1000mを3分"というペースを維持するためには、そのスピードを
維持するだけの筋力が必要になります。そして、スピードを維持する
筋力をつけるためには、楽ではないけれども何とか維持できる
ペース
目標距離の1.5倍〜2.5倍くらいの距離
走る必要があるのです。

これを徹底的に行うことで、走力は格段にあがります。

高校時代、わたしの5000mの自己ベストは15'13"でした。
当時の練習は、インターバルやタイムトライアルが中心で、スピ
ード持久力を強化するためのトレーニングはあまりやっていません。

15'13"という記録は、高校生としては中の上くらいのタイムですが、
ますが、質の高いペース走を取り入れていればもっと速く走れたと
思います。

そんな自分の反省も踏まえ、5000mを専門に取り組んでいる人に
はまず、8000mのペース走から始め、10000m、12000mと距離を
伸ばしていくことをオススメします。

そして、最初に設定した8000mのペースで15000mは走れる力を
つけてください。1週間の練習メニュー等も別途紹介します。


<PR>
リディアードのランニング・バイブル