長めのJOGをやった後に、400m - 1000mを1本だけスピード練習の感覚で行うことがあります。トラックレースの前日(或いは2日前)にやったりもしますが、いわゆる、"刺激を入れる"というやつです。一般的に、レースの1週間前くらいからは調整期間に入るので、キツいトレーニングで追い込んだりはしません。ですが、軽めのランニングのみでは体の反応が鈍るので、スピード走を1,2本入れることで、心肺機能と脚に"刺激"を入れるというわけです。

私は、これと同じことを基礎持久力養成期間中も行っています。JOGや遅めのペース走をやって終わる日の方がもちろん多いですが、JOGの後に1本だけポンッと刺激を入れてやることで、体にスピードに対する感覚が鈍らないように認識させているという感じです。

今週は仕事の関係でほとんど走れませんでしたが、JOG+刺激を1回やることができました。

8月15日(日)
JOG約36分(Henry Schmidt Park 12周)
スピード(Henry Schmidt Park 1周)x1: 2'09"7

スピードトレーニングでタイムが伸びる―弘山晴美のマラソン術 (Gakken sports books)