ロンドンオリンピック 男子10000mでイギリスのモハメド・ファラー、アメリカのゲーレン・ラップを1・2フィニッシュさせた名コーチ アルベルト・サラザール氏。


日本の大迫傑選手も参加しているナイキ・オレゴン・プロジェクトは、ロンドンオリンピック以降、日本のメディアでも取り上げられるようになってきたように思います。そのサラザール氏がランニングに関して設けている10のルールを紹介しましょう。


1. 一貫性を持つこと

長期で取り組めるトレーニング計画を見つけ、その通りに実践していく。

サラザール氏は、長期プランを非常に重要視し、目先の結果だけを追い求めるようなトレーニングはしないと言います。例えば、週4回走る計画で進めるならば4回/週というトレーニングを一貫して継続し、コロコロ変えない
ことが必要だと言っています。


2. 休養をしっかり取ること
ハードな練習の後は、軽いジョグ或いはサイクリングといったアクティビティにとどめ、身体を休めることの重要性を説いており、これに「例外はない」とまで言っています。故障予防の観点からも、休養の重要性を主張しています。


3. 距離は徐々に伸ばしていくこと
オーバーワークを防ぐためにも毎週の走行距離を毎月10%以上増やさないことを主張しています。例えば、今月の月間走行距離が30kmだとしたら、翌月は距離を増やすとしても、33km/月に抑える、といった具合です。


4. 舗装路はあまり走らないこと
舗装された道は、関節、腱、靭帯、そして筋肉へのダメージが大きいので、芝生や木片、泥道といった未舗装の道を走ることを推奨しています。実際、オレゴンプロジェクトのメンバーは、トレーニングの9割近くを未舗装の柔らかいところで行うそうです。


5. より速く走ること
トレーニング以上のスピードでレースを走ることは難しいので、レースペースでの短いインターバルを行うこと。


残りの5つは、記事を改めます。