8月にロンドンで行われる世界陸上の選考を兼ねた別府大分毎日マラソン。
優勝は、34歳のベテラン 中本健太郎選手(安川電機)でした。
14回目の挑戦で、フルマラソン初優勝を成し遂げたとのこと。
タイムは2時間9分32秒。

2016年12月に、同じく世界陸上の選考レースとして行われた福岡国際で
公務員ランナー 川内優輝選手が出した2時間9分11秒には21秒及ばなかった
とはいえ、勝負に勝ったという事実は評価されるべきでしょう。

2012年のロンドン五輪でも6位入賞を果たしている中本選手。
ハーフのベストが1時間2分29秒。フルマラソンのベストは、2時間8分35秒。

これらのベストタイムだけ見ると、高速化が進む今のマラソンでは、よほど
レース展開がハマらない限り、メダル圏内での争いは難しいと思いますが、
もう少しスピードを強化し、豊富なレース経験をもってすれば、入賞圏内では
戦えそうな感じがします。

2位のデレジェ・デベレ(Dereje Debele)選手は30歳。
ここ数年は2時間10分を切れていないようですが、フルのベストは、2013年
に出した2時間7分48秒。

この選手に競り勝ったという自信をもって、中本選手も2時間7分台に突入して
もらいたいですね。