ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

カテゴリ: トレーニングメニュー

スポーツジムに通っていて特にランニングのメニューを知らない
方でも簡単に実践できるのがLSDです。LSDは、Long Slow Distanceの
略で、ゆっくりしたペースで長い時間走ることです。
走る距離よりも走る時間に主眼を置いたトレーニングです。

陸上競技の長距離選手がLSDを行う場合、体の器を大きくする狙いが
あると言われています。分りやすい例えを紹介しましょう。今の
あなたの器は、普通の御茶碗だとします。御茶碗によそえる御飯の
量には限界があります。しかし、LSDを行うことでこの御茶碗が
丼飯用の器になるのです。つまり、より多くの御飯をよそえるように
なります。御飯をたくさんよそえるというのは、より多くのトレー
ニングをこなせることの例えです。

市民ランナーの場合、1回あたりの時間は90分〜120分くらいです。
スポーツジムのランニングマシーンを使う場合、景色が変わらないので
飽きてしまうという人もいるでしょう。そのような人は、テレビを
見るなり、音楽を聴くなりしながら走ってもいいと思います。
体を引き締めるには、ペースランニングの方がはるかに効果的ですが、
毎回ペースランニングをやるのは大変でしょう。気分が乗らない時は、
LSDを行ってもいいと思います。




5kmのランニングをこなせるようになった初心者の方や5kmくらいなら最初から問題なくこなせるという人は、次のステップとしてペースランニング(ペース走)にチャレンジしてみましょう!

このペースランニング(ペース走)は、陸上競技の長距離選手なら必ずトレーニングに取り入れるメニューです。しかし、ダイエットに励んでいる人も、このメニューを取り入れることで漠然と走るより、ずっと効果的に体を引き締めることができます。

ペースランニング(ペース走)のポイントは、楽ではないけれど、何とか維持できるペース(このペースで走りきるのはちょっときついなぁと感じるペース)を見つけ、そのペースで一定の距離を走り切ることです。

走る距離はまず3kmで設定しましょう。ペースについては、一人一人異なるので、一概には言えませんが、5kmを走り切れるペースよりも時速で1km〜2km速いペースを1つの目安にすればいいと思います。

例えば、ランニングマシーンのペース設定を8km/時間にして5kmを走れる人は、9km〜10km/時間のペース設定にし、3kmを走って下さい。3kmをこなせるようになったら徐々に距離を伸ばして行きましょう。5kmのペース走を10km/時間のペースでこなせるようになる頃には、体はかなり引き締まっていますよ。

【ポイント最大10倍】【先行予約受付中】更なる進化を遂げたハイエンドモデル。メール便は送料...

↑このページのトップヘ