ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

カテゴリ: ランニングフォーム

ナイキ・オレゴンプロジェクトを指揮するアルベルト・サラザール氏は、ランニングフォームの矯正に強いこだわりを持っていると言われています。

そんなサラザール氏がキーとして挙げている3つのポイントを紹介しましょう。

1. 軽く着地する
サラザール氏は、踵を地面に打ちつけるような着地ではなく、脚のより中央で柔らかく着地し、接地時間を出来るだけ短くする意識を持つことを提唱しています。「重心の真下で着地する(land with your feet underneath your center of gravity)」と表現していますが、なかなかイメージしづらいと思うのでゲーレン・ラップ選手やモハメド・ファラー選手のフォームを観察してみるとよいでしょう。


2. リラックスする

ランニングの効率を上げるため、頭からつま先までリラックスすることがとても重要で、ラップ選手をはじめ、オレゴンプロジェクトのメンバーは常に意識しているとのこと。アゴ、肩、腕に力を入れないように走ることでエネルギーのロスが減り、ランニング効率が上がると言っています。


3. 前に進む

文字で表現すると当たり前のことですが、サラザール氏は、bounce(跳ねる)によるロスを極力減らすフォームを追求すべきだと言っています。エリートランナーを観察すると、彼らのフォームは"縦方向の動き"がほとんど見られません。進行方向にのみ力を向けられるフォームを習得する意識を持ちましょう。


※英文ですが、サラザール氏のランニングフォームに関して参考になる記事は、こちらです。

ナイキ・オレゴンプロジェクトのメンバー ゲーレン・ラップ(Galen Rupp) 選手がレース2日前にやるというメニューを紹介します。

2日後に1,500mと1マイルを控えたラップ選手のメニューは、

200m+150mをほぼレースペースで4セット


コーチのアルベルト・サラザール氏曰く、マイルレース前によくやる練習とのこと。日本語で言えば、「刺激」を入れるメニューに相当しますが、 150mという距離はユニークですね。

Watch more videos on Flotrack


サラザール氏は、ランニングフォームの矯正にも力を入れると言われていますが、ラップ選手のフォームはいい手本になります。インタビューでラップ選手が「キッキングの練習」と表現している箇所がありますが、これも
サラザール氏がこだわるランニングフォームのポイントの1つです。

2015年5月からオレゴンプロジェクトに参加している大迫傑選手も、同様の取り組みをしているものと思われます。

ランニングマシーンで走る時、皆さんは目線をどこに置いていますか?

長距離選手としてガンガン走っていた時、私は、目線は斜め45°下だと教わりました。顎を引くので、真正面を向いて走るのではなく目線を少し下に落とす感じです。

集団で走る時は、前を走る人の腰辺りに目線を合わせていました。併走する時は、相手の息遣いや足の動きを見ることもあるので、必ずしも一定ではありませんが、基本的に目線は斜め45°下だと思って下さい。

ただ、45°という数字はあまり強く意識する必要はありません。
顎を少し引き、目線を少し落とせば自ずと45°くらいになります。
ランニングマシーンで走る時には、外の風景や液晶等が視界に入る感じです。テレビを見ながら走れるランニングマシーンもありますが、目線が上になったり、顎が上がってしまうような位置にある場合、あまりお勧めできません。

ただ走るだけでは退屈だという人は、音楽を聴きながら走る等の工夫をしてみて下さい。

<PR>
はじめてのマラソン完走プロジェクト!

↑このページのトップヘ