ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

カテゴリ: ランニング障害

梨状筋症候群は、坐骨神経の圧迫と梨状筋の緊張が原因だと言われています。

梨状筋は、臀部の深いところに位置し、股関節の外旋に使われますが、この筋肉が過度に硬直すると、坐骨神経に影響することがあります。坐骨神経は、身体の中にある最も大きな神経で、下肢の動力及び知覚機能を果たします。

梨状筋症候群による痛みは、臀部から大腿部に掛けて下に広がる、或いは、臀部から背骨にかけて上に広がる痛みであることがしばしばあります。このため、坐骨神経痛等、他の症状として診断されることもありますが、梨状筋症候群の場合、座った時や階段を上るとき、スクワットをするとき等によく痛みが見られます。

梨状筋のストレッチやほぐし方については、記事を改めます。

以前、鵞足炎に関する記事を書き、その中でトリガーポイントにも触れました(参照記事はこちら)。

あくまで私の経験に基づく考えですが、鵞足炎や長靭帯炎といったランニング障害の多くは、オーバーユース(使い過ぎ)に起因します。そして、使い過ぎて筋肉が過度に収縮してしまうと、休養やストレッチ、マッサージだけではその収縮がリリースされなくなってしまい、慢性的な痛みとして認識されるわけです。

こういった痛みのメカニズムに関する研究は海外の方が進んでおり、筋筋膜性疼痛症候群(Mayofacial Pain Syndrome)という言葉がメジャーになっています。ウィキペディアにも記述があるので、興味のある方は御参照ください(参照記事は、こちら)。

私自身、大学卒業直前から右脚に詰まった感覚があり、その違和感は今でも残っています。先日、こういった症状に対処してくれる整形外科(海外駐在中なので、欧州です)に行き、治療してもらいました。治療の直後、15年ぶりくらいに右脚の詰まりを感じていた個所に血液が流れ出したのか、大腿部分が温かくなりました。鍼治療がメインでしたが、こういったアプローチは効果を即座に実感でき、本当にスゴイと思います。

ちなみに私は、この整形外科へ行く前に別の病院へ行き、右脚のMR検査も受けました。わずかに炎症が見られるものの、骨等は全く問題なしだという結果で、ボルタレンを処方されました(苦笑)。そういった消炎鎮痛剤ではもはや改善しないことは何年もの経験から分かっていたので、がっかりしましたが、自分の膝の構造等々に問題がないことを目で確かめられたと言う意味ではよかったです。

そして、色々と調べ、先の整形外科にたどり着いたわけですが、その整形外科でも、MPS(Mayofacial Pain Syndrome)やTrigger Pointといった言葉は普通に使われていました。私のケースは、ランナーにはよくある症状
だとのこと。ただ、1回の治療で真のトリガーポイントを選別するのは難しく3回くらい治療するのが一般的だと言っていました。私は既に3回の治療を終えましたが、症状は明らかに改善しています。以下にウィキペディアの
抜粋を記しますが、その中にあるとおり、10年以上詰まった感じが取れないままなので、『まだ解明しきれていない複雑な脳の働きも関与させてしまい、完治を難しくしている』部分もあるのかもしれません。

ウィキペディアによると、

『日本ではこの病気に対する認知度が医師、患者の双方で非常に低いため、初期の段階で適切な治療を受ける事が難しく、治療の開始が遅れることにより、痛みの 信号を脳に長時間に渡って入れて慢性化させ、まだ解明しきれていない複雑な脳の働きも関与させてしまい、完治を難しくしている実状もある』

とのこと。私も経験上、同意せざるをえません。最近はトリガーポイントや筋膜リリースを謳った整骨院も増えてきているようなので、現場レベルではもっと進んでいるのかもしれませんが、オーバーユースに起因するスポーツ障害は筋筋膜性疼痛症候群に対するアプローチをすることで劇的に改善するケースがもっとあるのではと思っています。

私は医学の専門家ではありませんが、ランニング障害の克服、特に、トリガーポイントや筋筋膜性疼痛症候群に関する話題、には非常に興味をもっているので、新しい情報があればこのブログでも取り上げます。

この記事では、足底筋膜炎の概要と対処法について書きました。
足底筋膜炎に限らずランニング障害は初期の対処が非常に大切ですが、
いざ故障をしてしまっても完全に休むのは嫌だというのがランナーです(笑)

そこで足底筋膜炎になった際、なるべくランニングを休まずに治すための
方法をいくつか紹介します。

シューズにソールを敷く



いわゆる"中敷"です。これを敷くことで、アーチ(土踏まず)が崩れるのを防ぎ、
クッション性を向上させて足裏全体をサポート
することが出来ます。軽度の足底筋膜炎であれば、
走るときにソールを使用して衝撃を和らげ、ランニング後にしっかりと
ケアをすることで治ってしまう場合もあります。

足底筋膜炎対策用のインソールもあるので、是非、試してみてください。


キネシオテープを貼る



御存知の方も多いかと思いますが、キネシオテープというのは、伸縮性のあるスポーツ用テープです。足底筋膜炎の際は、50mm幅で20cmくらいのテープに3本の切り込み(15cm程度)を入れた熊手状のテープを貼ります。ランニング時はもちろん、日常生活でも貼っておくことで治りが早まります。痛みの軽減度合いについては、あくまで気持ち程度と考えましょう。

(貼り方については、こちらのサイトの"足裏の疲労回復に"を御参照下さい。)

チタンテープ(ファイテンパワーテープ)を貼る



痛む箇所にチタンテープ(ファイテンパワーテープ)を複数枚貼るだけです。テープを張ることで血流が改善され、回復が早まるように思います。気持ちの問題と言われてしまえばそれまでですが、私はe-waterと併せて使っています。

炎症鎮痛剤を塗る



陸上競技をやっている人の中でメジャーな(?)炎症鎮痛剤といえば、サロメチールだと思いますが、これを痛みの出やすい足底筋内側の踵側によく塗りこみます。鎮痛剤を塗る場合、キネシオやチタンテープとの併用は避けた方がいいでしょう。

ヒールレイズを行う



ヒールレイズというのは、つま先立ちの状態から、踵が地面につくかつかないかの状態まで下げ、また上げるという動作を繰り返す運動です。片足ずつ20〜30回を1セットとし、これを数セットやります。

ソールが厚くクッション性の高いシューズを履く



アシックスのGT-2000等、クッション性の高いシューズを履いて軽めのジョグに切り替えることも大切です。



これらはあくまで私の経験に基づくものであり、これをやればトレーニングを休まずに治せる、ということではありませんのでくれぐれも御注意下さい。



↑このページのトップヘ