ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

カテゴリ: コンディショニング

肩甲骨の重要性に気づいて以来、肩を構成する骨や筋肉等色々と調べていますが、ストレッチに関しては、YouTube役に立つ動画がたくさんアップされています。私の場合、肩甲骨の可動域がかなり狭く体も硬いため、全く実践できないものもありましたが、実践して役立ったものはここでも紹介します。

一番最初に実践し、今も取り入れているのはこのストレッチです。



このストレッチは、五十肩等痛みがあって肩が上がらないといった人でない限り、どんなに硬い人でも気軽に実践できるのでオススメです。肩関節が硬く可動域の狭い人は、まずこれから始めてはいかがでしょうか?

肩甲骨を寄せる動きについて、この動画ではかなりテンポ良くやっていますが、私の場合、もっとゆっくりと動かし、肩甲骨同士が寄っていくイメージを持ちながらやっています。腕を上に伸ばすときも、腕の付け根である肩甲骨周辺を意識し、上に引っ張られるイメージを持つとよりほぐれるように感じています。

肩甲骨の可動域を広げ、背中で手をつなげるようになることが当面の目標です。そのためには、このストレッチだけでは足りないので、他のストレッチも必要ですが、今回のストレッチだけでもランニングの腕振りがよくなりますので是非、普段の動きに取り入れて下さい。

ランナーにとって、脛の内側が痛むシンスプリントは厄介な悩み
です。ふくらはぎの筋肉が柔軟性を失い、硬直してしまうことで
痛みを発生することが多く、初期段階では、走っているうちに
痛みが消えてしまうこともあります(参考記事は、こちら)。

こういった硬直した筋肉に対し、どのようにアプローチし、マッサ
ージすればよいかを学べるのが、このDVDです。

シンスプリントや鵞足炎といった長距離ランナーがよく耳にする
ような故障に対する正しいマッサージ方法も学べるので、ランナー
本人のみならず、マネージャーやトレーナーをしている方にも
オススメのDVDです。是非、参考にしてみて下さい。




この記事で紹介したタイガーテイルは、筋肉に面でアプローチすることができ、筋肉・筋膜を高範囲でほぐすことができるという大きな特徴があります。ただ、肌に直接当てるので、骨膜炎シンスプリントが進行している段階でやると結構痛いです(タイガーテイルを日々活用している管理人の体験に基づいています)。

そこで、紹介するのがリンパマッサージ器 ルンルです。何だか呑気な名称で、ランニング障害とは何の縁もなさそうですが、この器具は中々のスグレモノ。指をイメージして作ったという段差のある5つの球体が体の様々な部分にフィットしてマッサージすることが出来ます。衣類を着た状態で使用するので、マッサージも非常に滑らか。私の場合、骨膜の痛みに応じて軽くなぞるくらいから少々強めに押して筋膜の塊のような部分を刺激するのに使っています。タイガーテイルとの併用することでコンディショニングに役立つルンルについて、更に詳しく知りたいと思った方は、こちらへ!

↑このページのトップヘ