ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

カテゴリ: 肩甲骨

以前、ランニングのリズムを腕振りで作るという記事を書き、腕振りのポイントとして肘をしっかりと後ろに引くことを挙げました。しかし、肘を引くこと以上に重要なポイントがあることに気づいたので紹介します。

それは、肩甲骨周りの柔軟性です。皆さんは、肩甲骨を自由自在に動かすことが出来るでしょうか?私はほとんど動かすことができず、常に肩が凝っている状態でした。仕事でパソコンの前に座り続けることが多く、ガチガチに固まった肩はマッサージを受けてもすぐに硬くなるため、根本的に改善する必要性を感じ、肩甲骨周りのストレッチを始めたわけですが、その結果、ランニングにもプラスの影響があることに気づいたわけです。

例えば、肩甲骨周りが柔軟になってくると、腕振りが格段にスムーズになります。肘を後ろに引くという以前書いたポイントも間違ってはいないのですが、肩甲骨周りが柔らかくなってくると、腕の付着部ともいえる肩甲骨から動かすイメージで振れるようになりスピードに乗れます。

調べてみると、実業団の陸上部でも肩甲骨周りの柔軟性を高めるためことを意識的に行い、トレーニング器具を導入しているところもありました。京セラ女子陸上部はその一例です。

『肩甲骨のスライドが可能となると、肩甲体を中心としたしなやかな腕ふりが可能となり』、『ろっ骨周りや股関節、下半身にも良い作用をもたらします。』

と言っています。こういったポイントに私自身もっと早く気づきたかったです。

もともと柔軟性のある人の場合、大きな変化は感じないかもしれませんが、硬い人は、これから是非肩甲骨周りの柔軟性を高めるようストレッチなどをしてもらえればと思います。そのための動き等紹介していきます。

私は子供の頃から体が硬く、ストレッチが苦手です。練習前や風呂あがり等、いくらストレッチをしても柔らかくならず、いつしかストレッチを敬遠するようになっていました。

ですが3ヶ月ほど前に、ほぐれッチで知られる八田永子さんのブログを読む機会があり、考え方が大きく変わりました。私は単に正しいストレッチのやり方を知らなかっただけだったのです。現役時代にこのストレッチ方法を知っていれば、もっと故障を防げたのではとさえ思います。

八田式のほぐしてから伸ばすというメソッドを取り入れて以来、私の体には変化が出ています。

踵が浮いてしまっていたヤンキー座りが出来るようになり、股関節も少し開くようになってきました。八田さんのブログに詳しく書かれていますが、日常生活で骨盤を立てることを意識し、そして、身体全体をほぐすように心掛けています。特に、"臀部のコリ"というのは今まで全く意識したことがなく、こんなにも硬かったのかとそのコリ具合に驚きました。

身体全体をほぐすのに重宝するのがストレッチポールです。アメリカでは、このポールを"Foam Roller"と呼び、ランニング雑誌でもよく取り上げられています。一例として、大腿部のほぐし方を説明しているページを紹介します(こちら)。ストレッチポールは、3,000円程度のものを1つもっておけば十分です。

肩甲骨の重要性に気づいて以来、肩を構成する骨や筋肉等色々と調べていますが、ストレッチに関しては、YouTube役に立つ動画がたくさんアップされています。私の場合、肩甲骨の可動域がかなり狭く体も硬いため、全く実践できないものもありましたが、実践して役立ったものはここでも紹介します。

一番最初に実践し、今も取り入れているのはこのストレッチです。



このストレッチは、五十肩等痛みがあって肩が上がらないといった人でない限り、どんなに硬い人でも気軽に実践できるのでオススメです。肩関節が硬く可動域の狭い人は、まずこれから始めてはいかがでしょうか?

肩甲骨を寄せる動きについて、この動画ではかなりテンポ良くやっていますが、私の場合、もっとゆっくりと動かし、肩甲骨同士が寄っていくイメージを持ちながらやっています。腕を上に伸ばすときも、腕の付け根である肩甲骨周辺を意識し、上に引っ張られるイメージを持つとよりほぐれるように感じています。

肩甲骨の可動域を広げ、背中で手をつなげるようになることが当面の目標です。そのためには、このストレッチだけでは足りないので、他のストレッチも必要ですが、今回のストレッチだけでもランニングの腕振りがよくなりますので是非、普段の動きに取り入れて下さい。

↑このページのトップヘ