梨状筋症候群は、坐骨神経の圧迫と梨状筋の緊張が原因だと言われています。

梨状筋は、臀部の深いところに位置し、股関節の外旋に使われますが、この筋肉が過度に硬直すると、坐骨神経に影響することがあります。坐骨神経は、身体の中にある最も大きな神経で、下肢の動力及び知覚機能を果たします。

梨状筋症候群による痛みは、臀部から大腿部に掛けて下に広がる、或いは、臀部から背骨にかけて上に広がる痛みであることがしばしばあります。このため、坐骨神経痛等、他の症状として診断されることもありますが、梨状筋症候群の場合、座った時や階段を上るとき、スクワットをするとき等によく痛みが見られます。

梨状筋のストレッチやほぐし方については、記事を改めます。