ランニングマシーンDEランニング

初心者からアスリート志向のランナーまで、ランニングに役立つ情報の発信を心がけています。

タグ:3000m障害

わたしの3000m障害(3000mSC)デビューは、高校2年生の春でした。


インターハイの都道府県大会で、予選が10'06"、決勝が9'43"という結果

だったと思います。


当時の5,000mのベストタイムが15'50"くらいだったことを考えれば、まず

まずの成績だったといえますが、レース後は、もっと速く走れるなという手応え

感じたことをよく覚えています。


以後、3000m障害を意識した練習を開始したわけですが、積極的に取り

入れたのが"クロスカントリー"です。オールウェザーのトラックやアスファルトで

はなく、アップダウンがあり、舗装されていない土の道のある山道を走るのです。


クロスカントリーは、平地を走る時には使われない筋肉にも刺激が入り、

体全体の筋肉バランスが強化されると思います。特に上り道は大腿部の

強化に役立ちました。


障害を上手く飛び越えるというハードリングの技術も磨ければよかったの

ですが、私は股関節が極端に硬く、なかなか上達しませんでした。そのため、

ハードリングよりも3000m障害に必要とされる脚力を養成するため、

積極的に山道を走るようにしたわけです。

30分〜40分、一定のスピードで走り続けるといった時間走や1周を4分くらい

で回れる周回コースを設定し、それを10本やる、といったトレーニングが主でした。


結果、1年後の高校総体予選で9'36"を出し、地区大会では9'22"で走ることが

出来ました。この9'22"は、転倒して出したタイムだったので、少々悔いが残って

います。おそらく、クロスカントリーをメインとした練習でも、9'15"前後では走れた

と思っています。


ということで、3000m障害の練習方法について考えている方にはまず、
クロスカントリーをオススメします。

筋肉を伸ばそうとした日々



わたしは、身体が硬く、ストレッチが苦手です。
特に股関節はむちゃくちゃ硬く、あぐらがかけないなど、日常生活でも
何かと不便なので、今でも柔らかい股関節にあこがれています。

3000m障害をやっていたこともあり、股関節の可動域が広がればハードルに
足をかけずに飛ぶこともできる
、といった思いから、毎日のようにストレッチを
した時期もあります。

ですが、股関節に限っていえば、全くといっていいくらい効果が出ません
でした・・・。風呂上りに一生懸命、股を開いて前屈しても、わたしの
股関節の可動域は変わらず。。。3000m障害は、ハードルに足を掛けて
飛び続けました。

(それでも9分20くらいで走れたので、股関節が硬くてもあきらめなくて
大丈夫です。)

そこで、両足の裏をつけてすわり、ひざの部分に立ってもらう、といった
ことを、むかし勝又がプロレスラーの川田利明にやられていたのをテレビ
で見たのを思い出し、そういったこともやってもらいましたが、痛いだけで
全く効果なし(当たり前ですが・・・)。

怪我をしなかっただけよかったです。

「骨を意識」する



結局、股関節は硬いまま社会人になり、もう15年以上経ってしまいましたが、
股関節の可動域を広げたいという想いは今ももち続けています。

ランニングの頻度が減ってからもいろいろと本も読み漁りましたが、わたしは
吉永桃子さんの理論が一番参考になると思っており、現役ランナー
で身体の、特に股関節の柔軟性がない人には知ってもらいたいと思いました。

彼女は、「美脚」とか女性のスタイルづくり、のプロといった感じですが、身体の
構造などにとても詳しく、ブログも参考になります。

例えば、

ストレッチでは開脚できない

という記事。

ここに書かれている「骨盤のニュートラルポジション」「大腿骨の外旋」といった
言葉は、股関節の可動域を広げるための重要なキーワードです。

筋肉を伸ばすのではなく、骨の位置を意識する。

こういった考え方はとても新鮮でしたし、今までいくら柔軟をやっても結果が
出なかった理由が分かった気がします。少なくともわたしの場合、姿勢が悪く、
骨盤が後傾しているのが一番の原因だと思っています。

これを改善していくため、彼女はバレエの要素を取り入れたトレーニングを紹介
しています。わたしも、少しずつですが、やっています。(バレエなんて、生まれて
この方やったこともないので、こっぱずかしいことこの上ないですが、家族に怪しい
目で見られながらやってます(笑))

大きな進捗が見られたら、このブログ上でも公開したいと思います。

↑このページのトップヘ